給付制限(きゅうふせいげん)

・スポンサードリンク



生命保険の「給付制限」についての用語説明です。



生命保険の給付制限(きゅうふせいげん)とは、生命保険に加入する時の告知や医師の診断により、健康状態が生命保険会社が定めた基準に適合しない場合に条件付で生命保険に加入することになります。

給付制限の対象になった場合には、保険金や給付金の金額が一定額減額されたります。つまり、病気やケガで入院した時に貰える入院給付金や手術給付金。また、加入者が亡くなった場合の死亡保険金の貰える金額が少なくなると言う事です。

受け取れる保険金や給付金が減額される期間が決まっていたり、減額される割合が決まってたりしますので、場合によっては、生命保険に加入して、数年立つと、満額の給付金や保険金が受け取れます。また、給付制限された場合でも、不慮の事故などで亡くなった場合には、全額の保険金が受け取れます。

また、受け取れるお金が減らされる以外にも
支払う保険料が多く支払う必要がある場合があります。この場合には、保障期間中の保険料の支払い額は、割増の保険料を支払う事になります。

最後に、給付制限には、生命保険の契約時に既にかかっている病気や特定の個所の疾患などについては、生命保険の保障対象外となり、給付金や保険金の支払いの対象にならないようになります。この場合も、不慮の事故などで亡くなった場合には、全額の死亡保険金が受け取れます。





「生命保険の用語集(か行)」へ戻る