裏書(うらがき)

・スポンサードリンク



生命保険の「裏書」についての用語説明です。



生命保険の裏書(うらがき)とは、生命保険に契約して加入した後に名義変更や印鑑変更
や払済や減額、増額、延長、特約付加、受取人の変更などの変更事項が記載される欄です。

生命保険に加入して以後は、この裏書(うらがき)の項目を確認する事でどのような変更があったのかを確認する事ができます。

もし、保険証書を再発行した再発行証券の場合には、当初の契約から変更があった内容については、変更後の内容が印刷され、「証券裏書事項」の内容が消えている場合があります。このような場合には、今までの変更した内容の動きを確認する事が出来なくなります。

裏書(うらがき)は、保険証書の「証券裏書事項」などの名称の項目に記載されています。また、保険証書の裏に記載する事が多いようです。

一度、ご自分の保険証書を確認しておくと良いでしょう。また、何か受取人や住所などの保険契約の変更を行ったり、保険の給付を受けた場合にも裏書(うらがき)に記載されますので、確認しておくと良いでしょう。




「生命保険の用語集(あ行)」へ戻る