祝い金(いわいきん)

・スポンサードリンク



生命保険の「祝い金」についての用語説明です。



祝い金とは、生存給付金とも言われ、事故等をした時に貰える保険金ではなく、決められた一定期間を経過した時に被保険者が生存していたときに保険会社から受け取れるお金のことを言います。

こども保険の場合には、子供の進学の為の教育費用として使う事を想定して、子供の年齢や入学時期にあわせて生命保険会社から祝い金としてお金がもらえます。一般的にこども保険の場合には、両親がこども保険の契約者になり、子供が被保険者になります。

基本的に、今までに支払った保険料の一部を保険会社が貯蓄している形式になっているので、祝い金が無い生命保険に比べると保険料は高くなる傾向があります。

このように、こども保険以外にも最近では、生存給付金としてお金が貰える生命保険がありますが、生命保険の契約転換を行うと今まで貯めていた祝い金も全て契約転換に使われ、祝い金がゼロ円になりますので注意が必要です。





「生命保険の用語集(あ行)」へ戻る