一般勘定(いっばんかんじょう)

・スポンサードリンク



一般勘定」についての用語説明です。



一般勘定とは、「定額保険」などの契約時点に定めた保険金額が受け取れる生命保険の資産を管理・運用するための勘定の事です。契約時点で受け取れる保険金額が決まっているので、運用実績が良くても、悪くても一定の予定利率を加入者に保障している生命保険の資産を管理する場合に一般勘定が利用されます。


「定額保険」と対象的な生命保険として、「変額保険」があげられます。
「変額保険」の場合は、「定額保険」と違い、最終的に貰える保険金額の保障がない生命保険です。この「定額保険」で利用される勘定は、「特別勘定」になります。




「生命保険の用語集(あ行)」へ戻る