一時払い (いちじばらい)

・スポンサードリンク



一時払い」についての用語説明です。



生命保険契約時に生命保険の契約期間全体の一括して支払うこと。
保険料の支払い総額は、一時払いをする事で一定の割合で保険料が割り引かれるため、月払いや年払いに比べ安くなります。

ただし、注意する点があります。
それは、死亡保障などで、保険料が支払われた場合には、契約が抹消してしまいます。この場合、払込期間が来ていない部分のすでに支払われた保険料はどうなるのでしょうか?「前納」「一時払い」の場合を見てみましょう。


・前納
 もちろん保険金はもらえます。
 また、払込期間が来ていない期間の保険料は戻ってきます。

・一時払い
 もちろん保険金はもらえます。
 しかし、払込期間が来ていない期間の保険料は戻ってきません。


このように、一時払いで保険料を支払う場合は、支払う保険料が安くはなりますが、保険契約が抹消した場合に、支払った保険料が無駄になる場合があります。

このようなパターンは、生命保険の契約転換(生命保険を下取りに出す)の場合も同様になりますので注意しましょう。

また、生命保険の種類や生命保険会社によっては、一時払いを取り扱っていない場合がありますので、担当の保険営業マンに確認してみましょう。



「生命保険の用語集(あ行)」へ戻る